san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「図書新聞」 2018年3月3日 に
『別役実の混沌コント』書評が掲載されました。
<ナンセンスの演劇空間を経て笑いへ>村尾敏彦氏評

20180303図書新聞


https://31shobo.com/2017/10/170089/
スポンサーサイト
『別役実の混沌・コント』、1017年12月、三一書房より発売です。

別役実の混沌・コント 表現者の会

 別役実さんには、1998年からの長期労働争議で、一貫して組合支援をしていただいてきました。
 1次争議解決後も倒産破産攻撃となる2次争議となるなか、会社売却の画策をもって組合からの逃亡をなそうとする攻撃に対し、支援とともに包囲網を築き、事業譲渡による争議解決を実現したのが2011年でした。
 一切の会社資産がない中、仲間とともに出版再開、継続を続け今年で6年。
 ようやく別役さんの新刊を刊行することができ、喜びの気持ちでいっぱいです。
<1923を繰り返さないために>


<1923を繰り返さないために>
ーいま「朝鮮人虐殺事件」が問いかけていることー

講師:加藤直樹さん/金哲秀さん
司会 : 田中正敬

◎9月30日(土)15時~17時半
◎在日本韓国YMCA:9F(千代田区猿楽町2-5-5)
◎関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会主催
<7・22 レイバー映画祭2017>
7月22日(土)10.00〜16.30(開場9.30)
 東京・田町交通ビル6階ホール(JR田町駅「芝浦口」徒歩3分)港区芝浦3-2-22
参加費 一般当日 1700円
    前売・予約 1500円
    失業者・障害者(一律)1000円
    学生・20歳以下 無料
主催・問合せ・予約 レイバーネット日本
 TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
 ネット予約 http://labornetjp.jimdo.com
●上映作品(上映順)
<学生・若者作品>
「アスベスト~震災後のさらなる恐怖」(12分/武蔵大学永田浩三ゼミ)
「私たちのフィールドスタディ~沖縄・済州島・台湾」(24分/鬼塚愛子/恵泉女学園大学卒業生)
「流言蜚語の時代~関東大震災朝鮮人虐殺の現場を歩いて」(20分/沖縄と東アジアの平和をつくる会)
<ニッポンのいま>
「原発の町を追われて3~双葉町・ある牛飼いの記録」(25分/堀切さとみ)
「私たちは共謀する~『テロ等準備罪』法案とのたたかい」(20分/湯本雅典)
「標的の島~風(かじ)かたか」(119分/三上智恵)
<労働者たち>
「コンビニの秘密(仮)」(36分/土屋トカチ)
「中村さん」(20分/津田修一)
「トゥジェン!韓国サンケン労組は行く」(25分/ビデオプレス)
◆『「テロ等準備罪」にだまされるな! ―「合意罪」は「共謀罪」そのものだ』
足立昌勝著 4月初旬刊行!

カバーと帯「テロ等準備罪」にだまされるな!

国会攻防の今、必読!
共謀罪徹底批判のテキスト!
密告・潜入・売り渡し~相互監視社会はまっぴらだ!

(2017年4月刊行予定)
四六判 ソフトカバー 168頁
ISBN978-4-380-17001-0 C0036
予価:本体1300円+税

「テロ等準備罪」にだまされるな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。