san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『愉しみながら死んでいく』
―思考停止をもたらすテレビの恐怖―
メディアの本質を突く-30年前に書かれた本書が再び刊行された意味―森達也氏評

愉しみながら 森達也氏評
スポンサーサイト
<詐欺的介護保険で悲鳴があがる職場と高齢者

 三一書房から『介護保険は詐欺である』(1300円+税 四六判160P)をいただいた。 介護保険料に怒る一揆の会編で、事務局長の日下部雅喜さんが執筆されているが、お仕事は大阪の介護保険窓口担当の地方公務員であり、実に詳しく、そして興味深く面白い。自分も65歳になり、この「国家的詐欺」の被害者となったから、よく解る。全国平均で年59,664円、月4,972円を負担させられているが、要介護認定者は2013年4月段階で549万人。これは65歳以上の18.2%にしか過ぎず、あとの81.5%は、まったくの「掛け捨て」になっている(19頁)。

 高年齢者の要介護といっても、75歳以下は10%をはるかに下回り、90歳以上でやっと要介護認定71%になる。しかも、高額の保険料は待ったなしで年金から強制天引きされる。この書のまえがきにはこう書かれている。

>2000年4月にスタートした介護保険制度。
誰もが40歳になれば知らないうちに健康保険料と一緒に「介護保険料」を取られ、65歳以上の人はさらに高額な「介護保険料」を年金から勝手に天引きされる。
この介護保険制度の本当の姿を知らないままに、保険料だけを払い続けているのが現状だ。
知れば知るほど、「これは国家的な詐欺だ!」と思う介護保険。健康に生活している人には無縁で、しかも制度は、複雑で分かりにくい。
「介護保険のインチキ」を明らかにし、これからの老後保障のあり方について考えるのが本書の目的だ
http://31shobo.com/

自分の現役時代、多くの善意あふれる方々も努力し導入された介護保険制度だが、この書をよむほどに、その詐欺的手法に怒りがこみあげてくる。「無収入者と億万長者でたった1.5倍の保険料差しかなく、著しく逆進性が高い」とある。年額50万円の年金で暮らすAさんは、年29,832円で収入の5.9%の負担率、年収3千万のBさんは、89,496円で収入のわずか0.3%でよい。「収入が60倍でも、介護保険料はたった3倍にしかならない」。これに対し、国は「いくら負担能力があっても一部の者にあまりに高い保険料を課すのは、これらの者の理解を得られず、適当ではない」とうそぶく…。この類の話が延々と記されている

そして、介護保険制度はどんどん改悪され、介護労働者は低賃金・重労働で酷使され続けている。関係ニュースは自分の「ブログ倉庫」に山積されている。


「図書新聞」(2012年01月01日号)に、
『ボクが東電前に立ったわけ』 園良太著 の書評が掲載されました。


「畳み掛けるようなスピードと臨場感で、読者をぐいぐいと引き込む。・・・本書は嘘を見破り真正面から社会変革を訴える若者たちの貴重なドキュメントである。よくもこれだけ現状の日本の姿を映し出したものだと感心する・・・」

図書新聞20111225

林克明さん、ありがとう!
仏・ルモンドマガジンに『ボクが東電前に立ったわけ』の著者、園良太が紹介されています。

「Ryota Sono veut libérer le Japon du nucléaire - M Magazine」

ルモンドマガジン
ルモンドM

フィリップさん、ありがとう!
『ボクが東電前に立ったわけ』書評―過去の不可能性から未来の可能性へ―
社会評論167号
社会評論

土松さん、献本ありがとう。
園良太『ボクが東電前に立ったわけ』 三一書房刊 
「僕たちは無力じゃない。他者は信頼できる。現実は変えられる」
出版労連機関紙10月20日号
記事はこれ。
労連機関紙

丸田さんありがとう!
【書評】
●「全国商工新聞」2010年10月18日号で、前田朗著『ヘイト・クライム』が、紹介されました。

全国商工新聞2010.10.18号
全国商工新聞

※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます
【歴史×状況×言葉】
●朝鮮植民地支配100年と日本文学 第7回 芥川龍之介(中)
「いわんや殺戮を喜ぶなどは」で、前田朗著『ヘイト・クライム』が、紹介されました。


李英哲 朝鮮新報2010.8.11号

歴史状況言葉
※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます



『ヘイト・クライム』書評掲載されました。

【差別・憎悪・暴力の根源を抉る】
●読書ノート 前田朗著『ヘイト・クライム』
『差別者の側に身を置きたくない』人々の課題となるだろう…
李英哲 『社会評論162』2010夏

社会評論書評
※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます




【剥き出しの組織的、集団的な差別に警鐘を鳴らす】
差別を固有な犯罪とする法理論の精緻化が求められる
文京洙 図書新聞2010.6.26

「図書新聞」 ← クリックするとリンクページが開きます




図書新聞
※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます




【案内板】『ヘイト・クライム-憎悪犯罪が日本を壊す』

世界へ 未来へ 9条連ニュース ← クリックするとリンクページが開きます

9条連NEWS

※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます




【憎悪で社会が壊れる前に】
張慧純評
月刊イオ 6月号
 ← クリックするとリンクページが開きます

イオ6月号 書評

※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます




【自著を語る】日本も人種差別禁止法を

前田朗
東京中日新聞 2010.5.18 ← クリックするとリンクページが開きます

自著を語る 東京中日新聞

※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます
ヘイト・クライム-憎悪犯罪が日本を壊す 前田朗著
はびこる原因にせまる





黄英治評
<読書案内> 民族時報 2010.5.15
 ← クリックするとリンクページが開きます
民族時報書評

※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。