san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【歴史×状況×言葉】
●朝鮮植民地支配100年と日本文学 第7回 芥川龍之介(中)
「いわんや殺戮を喜ぶなどは」で、前田朗著『ヘイト・クライム』が、紹介されました。


李英哲 朝鮮新報2010.8.11号

歴史状況言葉
※ ↑ サムネイルをクリックすると記事が表示されます



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。