san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
除染事業と除染労働の 実態を問う7・6集会

日時●2013年7月6日(土)13時15分開場
場所●文京区民センター3A
東京都文京区本郷4-15-14(地下鉄春日駅・後楽園下車徒歩2分)
資料代●500円
主催●被ばく労働を考えるネットワーク

〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
090-6477-9358(中村)/info@hibakurodo.net/郵便振替 00170-3-433582
7.6集会
 昨年来、ネットワークに参加する労組と共同で、除染特別地域の国直轄除染事
業で働く除染労働者の労働相談や労働争議を行ってきた。その中で明らかになっ
てきたことは、労働者はピンハネと劣悪な労働条件で使い捨てられ、除染で潤う
のはゼネコンと業界ばかり、ということだ。安全対策も杜撰なままで、既に3名
の労災死亡事故が起こっている。事業者である国は、数々の問題を指摘されても
ゼネコン任せ。そして、莫大な予算を消費しながら除染の効果が上がらないこと
も、既に明らかになりつつある。
 何のため、誰のための除染事業なのか。除染事業・除染労働の実態を明らかに
することで、この事業とこの国の労働の問題を考える。


「原発を許す社会は差別を許容する社会だ」
「被ばく労働が正面に据わらない「反原発運動」は偽物だ」

 …何れも被ばく労働を考えるネットワークの呼びかけ人のひとり、樋口健二さんの言葉です。

 ぜひ、これからの取り組みをともに考えるためにご参加を!

被曝労働
さんいちブックレット『原発事故と被曝労働』
被ばく労働を考えるネットワーク編
好評発売中です!
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
私たちは国連「健康に生きる権利」特別報告者の勧告を歓迎します
日本政府は勧告を受け入れて/原発被害者の「生きる権利」を!



「避難の権利」ブログ

【共同アピール】
私たちは国連「健康に生きる権利」特別報告者の勧告を歓迎します
日本政府は勧告を受け入れてください。
原発被害者の「生きる権利」を保障してください。
抜本的な政策の見直しを行ってください。


◆呼びかけ団体:
国際環境NGO FoE Japan
ヒューマンライツ・ナウ
ピースボート
地球の子ども新聞
福島老朽原発を考える会
福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)
原発事故子ども・被災者支援法市民会議
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
子どものための平和と環境アドボカシー(PEACH)
グリーン・アクション
被ばく労働を考えるネットワーク
全国労働安全衛生センター
チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。