san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3.14 被ばく労働者春闘 報告集会—現場からの声と要求


◎日時:2014年3月14日(金)/18時30分開始
◎場所:千駄ヶ谷区民会館2F:渋谷区神宮前1-1-10(JR原宿駅・地下鉄明治神宮前下車)
◎報告:一連の取り組み、現場からの声
◎ゲスト:井戸川克隆(前・福島県双葉町長)

原発および関連企業、除染現場で働いている皆さん。
すべての労働者・市民の皆さん。


 私たち「被ばく労働を考えるネットワーク」は、2012年11月に正式結成して以降、福島現地の労働組合をはじめとする多くの人びとと協力しながら、東京電力福島第一原発事故にともなう収束作業や除染作業に関する、危険手当や賃金未払い、労働環境などの問題について、当該の労働者を先頭に業者と交渉をおこない、一定の成果を勝ち取ってきました。また、環境省・厚労省など関連省庁、東電やゼネコンなどへの申し入れもおこなってきました。
 私たちはいま、この2月・3月を、「被ばく労働者春闘」と位置づけ、さまざまな行動に取り組むことにしています。原発や除染労働をはじめとして、被ばくを強いられる環境下で働く人びとの、雇用・賃金・健康・安全などに関わる切実な声と要求を集め、3月14日を統一行動日として、大手ゼネコンや東電、関係省庁に対してぶつけていきたいと思います。
 そして、一連の行動の集約として、3月14日の夜、「被ばく労働者春闘3.14報告集会」をもちます。

 報告集会への、多くの皆さんの参加を訴えます !

☆新刊案内
jyosen

ネットワーク編の新刊<さんいちブックレット009>『除染労働』を、本集会で先行販売します。
是非お求めください。
被ばく春闘

主催:被ばく労働を考えるネットワーク
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
090-6477-9358(中村)/info@hibakurodo.net/郵便振替 00170-3-433582
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
 三一書房元編集者、三一労組OBの三角忠氏が、2月20日、令状逮捕されたと報告を受けた。
詳細は、以下に引用した救援連絡センターの抗議声明に明らかだが、今回の不当な逮捕に三一書房労働組合は、断固抗議する。

 三角氏はあらゆる合理化に反対の立場であった。従って、その主義主張に従い一貫して自動改札を使わなかった。だから定期を駅員にみせて、改札を通過する。我々が知る時代からずっとそうしてきた。どこもかしこも自動改札が当たり前の今でもきっと続けていたんだろう。そういうところは原則的な人である。それで駅員に絡まれたのか?
 しかしJR水道橋駅は、2006年、三一書房を定年退職後に自ら立ち上げて運営してきた水道橋在の編集プロダクションへの通勤でこれまで8年近くも使ってきたのだからもう相当長い。
 JR水道橋の駅員も知っているだろうに。まったく不自然、不可解な対応だ。

↓ 救援連絡センター 抗議声明文 ↓
都教委を提訴

昨年(2013年)6月都教委は、実教出版社の『高校日本史』を不適切として、学校で使ってはならないと議決した。理由は、国旗掲揚・国歌斉唱について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述されていることが、都教委の考えと異なっているからというもの。「君が代」強制を続ける都教委のカンにさわったのだろう。結果、この教科書を採択した都立学校(約200校)はゼロだった。この議決(処分)の取り消しを求めて、2月7日、67人の教員、市民が原告となり東京地裁に提訴した。
訴状提出のあと行われた記者会見で、大口昭彦弁護士は「都教委の処分は、憲法をはじめ、さまざまな国際条約に違反しているし、独占禁止法の不公正取引にあたる。国の検定を通過している教科書を禁止するのは違法、不当な政治介入だ」と述べた。
原告団長の佐藤昭夫弁護士は、「そもそも実教出版教科書は歴史学の成果に基づき、時の権力と闘った民衆史を重視している。都教委は、生徒に事実を知らせず、自分の頭で考えさせないためにこれを排除した。これは戦前の教育とそっくりだ」とし、原告団・共同代表の高島伸欣氏(写真下)は「日本の教育が国家主義化していることに危機感を覚える。主権者の一員として黙っていられない」と語った。
http://www.labornetjp.org/news/2014/0207shasin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。