san-ichi-syobo worker`s union
レイバー映画祭2013

1%が99%を支配する今の世界はどうなっているのか? この問いにズバリ答えたドキュメンタリー映画が『ショック・ドクトリン』である。この衝撃作が、レイバー映画祭2013で本邦初公開される。そして、今年亡くなった三國連太郎主演の『襤褸(らんる)の旗』は現在の「フクシマ」につながる民衆映画の名作だ。その他、ブラック企業や非正規の労働現場の現場から届いたホットな映像をはじめ、日本と世界の真実がスクリーンいっぱいに焼き付けられる。暑い夏、レイバー映画祭に注目!

★日時・場所
7月27日(土)10:00~17:00(開場9:30)
田町交通ビル6階ホール
(JR田町駅「芝浦口」徒歩3分・東京都港区芝浦3-2-22)
★参加費
一般当日 1500円(前売・予約1300円)
障がい者・学生・失業者は各200円引き
―――――――――――――――――――――――――――――――

主催(連絡先) レイバーネット日本

TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
事務局 labor-staff@labornetjp.org
メール予約 http://vpress.la.coocan.jp/yoyaku-labor13.html
ホームページ http://www.labornetjp.org/

―――――――――――――――――――――――――――――――

★プログラム
*各作品上映後にミニトークあり
 9.30 開場
10.00「襤褸の旗」(115分)
12.00 昼休憩(45分)
12.45「続・原発の町を追われて」(25分)
13.15「ブラック企業にご用心」(36分)
   「東京メトロ売店・非正規女性のたたかい」(20分)
   「3分ビデオ」(木村修・湯本雅典・木下昌明)(10分)
14.35 休憩(10分)
14.45「スペイン モンドラゴンの奇跡」(55分)
15.40 「ショック・ドクトリン」(80分)
17.00 終了

田中正造翁余録バナー

☆『田中正造翁余録 上・下』2013年、秋に復刊です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://union31.blog15.fc2.com/tb.php/134-d17778fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック