san-ichi-syobo worker`s union
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デモ! オキュパイ!


出版記念イベントを開催します。
ぜひご参加を!

○9月22日(土曜)18:00から
○文京区民センター2A
※詳細はこちらを


三一書房編集部編
<8/28発売予定>
四六判 ソフトカバー 224P
ISBN978-4-380-12008-4
定価:本体1700円+税
発行:三一書房

 未だ終息のめどなど立たない「福1」事故。事故が起こる以前から、原発を稼働させるために被曝を強いられてきた労働者。そして事故以降、多くの人が「放射能管理区域」であるべき線量の下で、管理区域では決して許されない飲食も、就寝も、生活のすべてを過ごさねばならない現実。
 再稼働を止めても、この状態は変わらない。
 「事故終息宣言」の名のもと、核物質の拡散を防ぐために大量の労働者が動員されている。

それでも大飯原発の再稼働を強行し、原子力基本法も、宇宙基本法も改悪し、憲法解釈も集団的自衛権容認へと急転換する現政権。
 世界中で繰り広げられる99%による1%への怒りの行動に、日本の反原発の闘いも合流するのか?
 世界各地の直接行動からの報告と、反弾圧の取り組みを報告。

<<⇓ 執筆者はこちら ⇓>>
「園良太『ボクが東電前に立ったわけ』が発売中
・・・出版したのは1945年に設立された三一書房。大ヒットベストセラー『人間の條件』で知られ、「反権力」「反差別」の出版姿勢で様々な著者に門戸を開いてきた。
・・・今年8月、労働組合が設立した新社が事業譲渡を受けて出版社の再建を図る和解が成立。新生三一書房としてスタートを切った。
・・・かつては会社の出版姿勢を評価され、「三一だから」といって書いてくれる著者を多く抱えているのが強みだった・・・13年間続いた争議で著者との信頼関係も損なわれてしまった。きちんとおわびをした上で新たな信頼関係を築き、今後も三一らしい本を出していきたい・・・

竹端記者ありがとう!

朝日記事読書欄

2011年9月18日 朝日新聞 読書欄 <本の舞台裏>

ボクが東電前に立ったわけボクが東電前に立ったわけ
(2011/09/01)
園良太

商品詳細を見る
3・11の大震災と福島原発事故。最悪の事態が今も続く中に見出した希望―

そのひとつが、事故直後から東電本店前で抗議行動が拡がったこと。そして6・11脱原発百万人アクションとして、日本全国で10万人近くもの人が「原発はいらない」と声をあげたこと。とくに、新宿デモ・アルタ前行動を若い人たちが企画し、多くの人々がこれに参加したことに注目が集まりました。こうした行動をけん引した若者の一人が本書の著者・園良太です。 若者たちの社会運動への参加がどのようにして生み出されたのか、3・11以降、何を感じ、考え、行動し、つながっていったのかが克明に記録されています。
出版業界紙「新文化」2011年8月25日号に、新生三一の記事が掲載されました。
瀬尾さん、ありがとう!

新文化記事


サムネイルをクリックすると拡大します。
新装改訂版 原発被曝列島新装改訂版 原発被曝列島
(2011/08/05)
樋口健二

商品詳細を見る
 被曝労働なしには、日常的な稼働も出来ない原発の実態を追い続けるカメラマン、樋口健二さんの新刊。
『闇に消される原発被曝者』に続く、原発労働者たちへの取材。
台湾、福島、若狭、下北、泊、プルトニューム輸送追跡…と被曝労働者を取材。
メディアが報じてこなかった原発労働現場の姿が赤裸々に明かされています。
新装改訂版『原発被曝列島』
この夏、刊行!

-50万人を超える原発被曝労働者-
978-4-380-11000-9 0036 定価:本体1400円+税 


genpatsu_M

 被曝労働なしには、日常的な稼働も出来ない原発の実態を追い続けるカメラマン、樋口健二さんの新刊。

『闇に消される原発被曝者』に続く、原発労働者たちへの取材。
台湾、福島、若狭、下北、泊、プルトニューム輸送追跡…と被曝労働者を取材。
メディアが報じてこなかった原発労働現場の姿が赤裸々に明かされています。
今回、新たな記事を追加して、発売です。

動画:原発点検労働者の実態:樋口健二
街へ出よう! 原発を止めよう!
僕らがつながれば世界は変えられる!!


『ボクが東電前に立ったわけ』 3・11原発事故に怒る若者たちー
園良太著 定価:本体1200円+税 ISBN978-4-380-11001-6

toden_M


3・11の大震災と福島原発事故。最悪の事態が今も続く中に見出した希望――
 そのひとつが、6・11脱原発百万人アクションとして、日本全国で7万9千人が「原発はいらない」と声をあげたことです。とくに、新宿デモ・アルタ前行動を若い人たちが企画し、多くの若者がこれに参加したことに多くの注目が集まりました。
 この行動をけん引した若者の一人が本書の著者・園良太です。
緊急出版! 好評発売中

あなたは、理不尽な差別を目のまえにした時、
「ノー!」と声を上げることが出来ますか?

ヘイト・クライム 前田 朗 著
―憎悪犯罪が日本を壊す― ISBN978-4-902773-26-2 C0036 定価◎本体1,300 円+税



人種主義や人種差別が怖いのは、気づいたときには根深く、深刻な事態になっているからだ。いざという時には手遅れになっているからだ。
 ヘイト・クライムを放置しておくと、差別がどんどん激化していく。社会から信頼や連帯が失われていく。公正、正義、自由、権利、尊厳といった価値や理念も損なわれる。残るのは侮蔑、破壊、敵意、憎悪、不正の感情だけである。憎悪犯罪は社会を壊すのだ。
( 本書はしがきより)


2000年12月、三一書房労働組合出版、第二弾!
1998年から2006年までのロックアウト、職場占拠闘争中に、組合支援の「三一書房の良心の灯を支える表現者の会」の臼田氏の協力で出版された。

『 ぬれマスク先生の風邪に勝つ本』
著者:臼田 篤伸 ¥1,470 ISBN:978-4896966800 発売日:2000/12

発行:三一書房労働組合 発売:ユリシス
ぬれマスク先生の風邪に勝つ本

これまでの間違ったカゼ対策にさよなら! 「ぬれマスク」と「予防嚥下法」により、カゼの常識をひっくり返す、100問100答。安心・安全・安価の風邪予防策をイラストを交えてわかりやすく解説する。
2000年7月、三一書房労働組合出版、第一弾!
1998年から2006年までのロックアウト、職場占拠闘争中に、組合支援の「三一書房の良心の灯を支える表現者の会」世話人の別役氏、宮崎氏の全面協力で出版された。

『17歳のバタフライナイフ』
著者:宮崎学vs.別役実 ¥1,470 ISBN: 978-4883790623 発売日: 2000/07

発行:三一書房労働組合 発売:青林工藝舎
17歳のバタフライナイフ


十七歳の少年犯罪を頂点に、現代の社会に衝撃を与えた犯罪事件「酒鬼薔薇事件」から「音羽殺人事件」等、人や社会の内面を映す事件について、突破者・宮崎学と不条理・劇作家の別役実が対談。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。